とことこ歩く   

アクセスカウンタ

zoom RSS キャッチボール

<<   作成日時 : 2016/04/27 14:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像



今までの人生の中で・・・
一体、何人の人と出逢い
そして、何人の人と
別れてしまったんだろう?


誤解をされてしまったことも
傷つけてしまったこともある。
そして・・・
もちろん、その逆もある。


でも、自分らしくいれば
こんがらがって
固結びになってしまった糸も
いつの日か
ほどける日がくるのかもしれない。
まっすぐに正直に生きていれば
きっと、誰かが見ている。
きっと、いつかは伝わる。
そんなふうに思って生きてきた。


言葉のキャッチボールをするとき
息の合ったバッテリーのように
とても気持ちよく
ボールを投げ合える人がいる。


下手くそなボールでも
頑張って取ってくれる人がいる。
わざわざ遠くまで走って
ボールを拾いにいってくれる人もいる。


けれど・・・中には
ボールを受け取ってくれない人もいて
その人のまわりには
私の投げたボールが
たくさん転がったままになったことも
何度かあった。


昔は・・・手持ちのボールが
たくさんたくさんあったはずなのに
最近は遠くへ投げる体力も
気力も無くなってきたせいか
一球一球をとても慎重に
投げるようになってきたし
投げても無駄だと
思ってしまうような相手には
昔みたいに根気よく
ボールを投げなくなってしまったような
そんな気がする。


そんな中で・・・
先日の友人の弟の訃報は
もう一度、この手の中のボールを
投げるか投げないか
私はものすごく悩んで、悩んで、悩んで・・・
ボールをギュッと握ったまま
しばらく立ち尽くしていた。


もう20年近く前に
疎遠になってしまったままの友人。
傷つけて傷ついて
でも・・・楽しいことも
笑い転げたことも
一緒に泣いたことも
たくさんの想い出があった。


弟の葬儀に出るか出ないか
本当にギリギリまで悩んで・・・
弔電だけ送ることにしたけれど
凛の散歩では遠回りをして
彼女の実家まで歩き
亡くなった弟の家の前を歩き
彼女の家の前を歩き
心の中で静かに
手を合わせて帰ってきた。
弔電だけでも送れてよかったと
心からそう思えた。


先週末、たまたま兄と飲んだとき
兄がこんなことを言っていた。
自分の人生の中で巡り逢える人なんて
ほんのわずかしかいなくて
いっときでも一緒に
想い出をつくった人とは
どんなに気持ちが
離れてしまったとしても
10%・・・いや、1%でもいい。
細い細い糸のような絆だったとしても
俺は残しておきたい。
もしもまた笑って話せる機会があるなら
そのときは喜んで
俺は握手をしたいと思う。


酔っ払いのべろんべろんおじさんは
やけに熱く語っていて
でも・・・兄妹はしっかり
同じDNAでつくられているんだな〜と
再認識したわけで。


今日・・・そんな彼女から
手紙が届きました。
1枚目はとても他人行儀で丁寧な
型どおりの弔電への挨拶。
そして・・・2枚目は
今も心の整理がつかなくて
泣きながら手紙を書いていると。
弟をかわいがってくれて
ありがとうございましたと・・・。


慎重にそ〜っとだけれど
勇気を出してボールを投げてよかった。
きっと、彼女の少し手前で
ポテッと落ちた
弱々しいボールだったけれど・・・
彼女は拾ってくれた。
そして、彼女もポテッと
ボールを投げ返してくれたんだ。
もう・・・それだけで十分。


ああ・・・何だかな〜。
やっぱり、涙が止まらないや。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっとした心のボタンの掛け違いで、いつしか距離が出来てしまい、キャッチボールが届きにくい関係になってしまったり。でも、今回、勇気を出されて、ボールを投げられた事によって、暖かい気持ちがまた通うようになって、本当によかったですね。最近どうも、キツイ球を方々から受ける事が多くて、「いい顔ばっかりするから」との助言に更に激落ち込み。でも、自分らしさは変えられないので、うまく自分と付き合って、自分らしいキャッチボールをしていけたらなと思う今日この頃です。
たんちゃん
2016/05/16 09:39
たんちゃん☆
いつもいつも
優しい言葉をありがとうございます。

キツい球・・・ありますよね。
私も受け取ったり
知らず知らずのうちに
自分も投げてしまっていたりして
気をつけないとと思いました。

ちょっとしたボタンのかけ違いが
いつの間にか
一生の別れになってしまうことも
あるから・・・
できれば、ボタンのかけ違いを
直せるくらいの信頼関係が
築けていればいいんですけどね。
かけ違いでよれたシャツも味がありますもんね。

本当に、いつもありがとうです!
(((o(*゚▽゚*)o)))
KEIKO
2016/05/19 15:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
キャッチボール とことこ歩く   /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる